あだち眼科は埼玉県久喜市の眼科です。眼科専門医が丁寧に診察します。緑内障、白内障、糖尿病網膜症の治療はお任せ下さい。コンタクトレンズも格安です。
あだち眼科 HOMEへ 診療時間 お問い合わせ・予約
診療時間・地図
眼についての病気・基礎知識
スポーツビジョン 視知覚 日帰り手術 HOME
現在位置 HOME 眼についての病気・基礎知識 その他主な眼の病気 J視神経 視神経萎縮
眼についての病気・基礎知識 その他主な眼の病気
眼についての病気・基礎知識は、当院の主な眼科診療、眼球の構造と役割、主な眼の病気、で構成されています。
当院の主な眼科診療
眼球の構造と役割
その他主な眼の病気
@目の屈折異常
A視力矯正
Bその他の異常
Cまぶたと涙道
D結膜
E角膜・強膜
Fぶどう膜
G水晶体
H硝子体
I眼底
J視神経
視神経炎
うっ血乳頭
視神経萎縮
K緑内障
J視神経
視神経萎縮
視神経萎縮は、視神経の外傷、炎症、変性疾患、腫瘍など視神経の病変のみでなく、周囲組織から視神経への圧迫、視神経の血管病変、網膜疾患および緑内障などにより、視神経線維の変性萎縮と、その機能が消失した状態です。

【症状】

自覚症状として、視力障害や視野欠損がありますが、その程度は、原因となる疾患によってさまざまです。

【診断】

眼科的には、眼底検査で、視神経乳頭の色が、黄白色になっていたり、視覚誘発電位検査や蛍光眼底検査などの検索により診断されます。また、脳神経外科的な検索も行なわれます。

【治療】

原因が分かっている場合には、その原疾患に対する治療を行ないます。副腎皮質ステロイド薬やビタミン製剤などの投与を行なうこともありますが、その効果は不明です。一度、視神経萎縮が進行してしまうと、視神経はもとに戻らず、視力や視野障害の回復は困難です。
リクルート リンク サイトマップ  
PageTopへ