ふれeye会

HOME >> ふれeye会 >> ふれeye会結果報告 01

ふれeye会結果報告 01


2005年10月1日 ふれeye会アンケート結果報告

2005年10月1日土曜日 14時から 当院にてふれあい会を開催致しました。
 

今回のテーマは ”目の浮遊物を追え!!こわい網膜剥離”とオルソケラトロジーでした。

 
説明会に多くの方々にご参加頂き大変光栄に思っております。私共としては、多くの方々にご参加いただき眼科医療をより知っていただくことにより、早い段階で症状を発見していただくことで、早期治療につながり、一日も早く豊かな生活をおくることにつながればと考えております。今後は地域の皆様にもさらにご参加頂き、予防医療の一環になれば幸いです。次回の”ふれあい会”は日程が確定次第ご報告申し上げます。
皆様のご参加をお待ちしております。ありがとうございました。

網膜剥離について
下記項目で該当するものに ○ 印 をおつけくださいませ

■本日のふれeye会について
  ・大変良かった     5
  ・良かった       3
  ・普通
  ・あまり良くなかった
 
■網膜剥離について
  ・大変よく分かった   2
  ・よく分かった     5
  ・どちらともいえない  1
  ・分からなかった  

■オルソケラトロジーについて
  ・大変よく分かった   5
  ・よく分かった     5
  ・どちらともいえない  2
  ・分からなかった
 
■どんな目の病気について詳しく知りたいか
  ・白内障        5
  ・糖尿病網膜症     3
  ・アレルギー性結膜炎  4
  ・近視         2
  ・緑内障        5
 
■次回も参加されますか
  ・絶対に参加する    3
  ・時間が合えば参加   4
  ・テーマ次第      2
  ・参加しない  
 
■検査・診察について
  ・直ぐに受けたい    2
  ・近いうちに受けたい  3
  ・必要ない
  ・診療中
 
■眼科の利用機関について
  ・あだち眼科      5
  ・総合病院  
  ・その他  
  ・無回答        2

■その他のご意見
  ・すっごく勉強になりました。ぜひ今後も参加させていただければと思います。ありがとうございます。
 
■今回のテーマ
網膜剥離:
明るい所や白い壁、青空などを見つめた時、眼の前に虫や糸くずなどの『浮遊物』が飛んでいるように見える症状は飛蚊症(ひぶんしょう)と言います。 眼球内にはゼリー状の透明な物体が詰っていて、何らかの原因で“濁り”が生じ、生理的な原因によるものと病的な原因によるものがあります。早期発見、早期治療を行うことがポイントとなります。
 
オルソケラトロジー:
メガネ・コンタクト以外の視力矯正の方法???
オルソケラトロジーとは、高酸素透過性コンタクトレンズを用い、角膜の形状を矯正し、視力を矯正させる角膜矯正療法で、夜寝る時にレンズを装着し、朝起きて外すだけで視力が矯正します。

ふれeye会

 
当院では、早期治療・予防医学として皆様のお役に立ちたいという思いから、 『ふれeye会』を実施しております。
 
 

ふれeye会結果報告