お知らせ

HOME >> お知らせ >> スタッフ通信 >> vol.13

スタッフ通信 vol.13 「花粉症について」


2016/4/1

この時期になると花粉症に悩まされる方がたくさんいます。
今回は花粉症対策をとりあげたいと思います。
まず、花粉症の症状を軽くするためには 花粉を体内に取り込まない工夫 が大切です。
 

外出時は…

 

・外出時は帽子・メガネ・マスク・マフラーを身につけ、コートも花粉が付着しにくいツルツルした素材を選びましょう。
レザーやポリエステルなどの素材は花粉の付着量がウールや綿に比べて少ないだけでなく、付着した花粉を払い落としやすいというメリットもあります。
・衣服についた花粉は、きちんと外ではらって玄関でシャットアウト。
・帰宅後は洗顔やうがい、体についた花粉はきちんと洗い流しましょう。

 

家の中では…

 

・花粉の飛散が多いときは、ドアや窓を閉めて、花粉の侵入を防ぐことが大切です。
・掃除はこまめにしましょう。防いでいるつもりでも室内にはかなり花粉が侵入しているので掃除をこまめに行いましょう。
 
 
 

 

就寝時は…

 

・外に布団を干してしまうと花粉がついてしまうので、なるべく外に干さない。
・寝る前にお風呂・シャワーで花粉をしっかり洗い流してから布団に入るようにしましょう。
 
 
 

 
これら以外にも 睡眠不足やストレス、飲酒や喫煙 などがさらに症状を悪化させる場合もあるので気をつけましょう。
また花粉は静電気に引き寄せられるため静電気が発生しやすい素材も避けると良いです。
症状が辛ければ、病院へ行きましょう。
花粉の飛散開始前の症状が軽いうちから治療開始すると、楽に花粉シーズンを乗りきれるでしょう。