お知らせ

HOME >> お知らせ >> スタッフ通信 >> vol.17

スタッフ通信 vol.17 「結膜下出血」


 2016/9/1

結膜下出血とは…

 
結膜下(白目)の血管が破れて出血し、白目の部分が赤く染まります。
小さな点状のものから、眼球全体に広がるものもあります。
通常はほとんど「痛み」や「かゆみ」などの症状はありません。
出血は1~2週間で自然に吸収されますが中には2~3ヶ月かかるものもあります。
ただし眼外傷などの後、長引くようでしたら
すぐに眼科を受診しましょう。
 
 

原因

 
原因は様々ですが眼外傷や高血圧、糖尿病、動脈硬化などの全身疾患、そして中には原因がはっきりしないこともあります。咳やくしゃみで出血することもあります。
 
◎結膜下出血でも気をつけないといけない場合もあります。
 ・眼外傷を受けた場合
 ・痛みやかゆみ、目やにを伴う場合
 ・繰り返し出血する場合
 ・熱をともなう場合
 
上記以外でも、何か気になる症状のある方は眼科を受診しましょう。