お知らせ

HOME >> お知らせ >> スタッフ通信 >> vol.21

スタッフ通信 vol.21 「疲れ目の予防対策」


 2017/1/13
最近はパソコンやスマートフォンの利用による目の酷使で
目の疲れを感じやすい環境になっています。
そのまま放っておくと・・・           
 に進行してしまいます。  
 
眼精疲労とは、ひどくなるとイライラ・不安などの自律神経症へ発展することもあります。目の疲れを感じやすい方は生活習慣の改善をはじめとした予防対策を心がけましょう。
 

 休息やリラックスタイムから

熟睡をすると光を感じなくなるため眼球のリラックスに繋がります。  

 
 目の周りを蒸しタオル等で温めると良いでしょう。
 温めることで血行が良くなり、固まっていた眼球のまわりの筋肉がほぐれます。
 

 

その他にも、使用している眼鏡やコンタクトレンズの状態が目の疲れの原因になることがありますので定期的に受診することをおすすめいたします。