お知らせ

HOME >> お知らせ >> スタッフ通信 >> vol.6

スタッフ通信 vol.06 「プールシーズン」


2015/7/1

梅雨の時期も明け、海やプールに行く機会が増えてくる7月。プール後に目が赤くなるなどの症状が増えてくる時期でもあります。プールと目といえば、目の病気に「プール熱」というものがあります。
 
これは正式には“咽頭結膜熱”と言います。これは“はやり目”の一種で人にうつる危険性がある感染症なのです。
 
主な症状としては・・・
 

〈眼症状〉
 
結膜(白目)の部分が赤くなる(充血)
目が腫れる(浮腫)
まぶたの裏にできものができる(濾胞)
メヤニがでる(眼脂)
涙がでる(流涙)
痒みがでる(掻痒感
ゴロゴロする(異物感)

〈全身症状〉
 
38~40℃の高熱
喉の痛み
頭痛
全身の倦怠感

これらを防ぐ第一の予防として…
“プールの際のゴーグル着用”です。
 
プールの中には感染予防の目的で塩素が含まれております。しかしその塩素は目の表面(角膜)の涙の層に大きな影響を与えると言われています。水中で目を開けると塩素の影響を受け易く、個人差はありますが、プール後に目が充血し、痛みなどを訴えることがあります。それを避けるためにゴーグルを着用することにより、塩素から目を守ることができ、良好な視界を保つことができます。また現在では度数入りのゴーグルも販売されており、遠視や近視を持つ方でも安心して着用することができます。
また、水泳後の洗眼もとても大切で、短時間で洗顔するように優しく洗い流すように洗眼し、感染の予防に努めましょう。
※もし
感染してしまったら…

目を擦ったり、触ったりしない
手は石鹸を使いよく洗う
タオルなどは使い回しせず、新しいものを使用する
入浴は最後にはいる
プールは許可が出るまで入らない