代表 0480-65-5988
相談専用フリーダイヤル 
0120-55-3385

   (受付時間:平日・13:00~19:00)

当院の主な眼科診療

HOME | 当院の主な眼科診療 | 当院の主な眼科診療

当院の主な眼科診療


あだち眼科での主な眼科診療内容

あだち眼科での主な眼科診療内容を解説していきます。
 
緑内障眼圧が高くなって視神経が圧迫され、視神経萎縮を起こし、視野(見える範囲)が狭くなる病気です。
糖尿病網膜症糖尿病の三大合併症(腎臓・神経・眼)の1つである“糖尿病網膜症”は、ひどくなると、眼の奥の網膜に悪影響を与え失明することもあります。
斜視・弱視…斜視(しゃし)とは、片方の目は視線が正しく目標とする方向に向いているが、もう片方の目が内側や外側、あるいは上や下に向いている状態のことを言い、弱視(じゃくし)とは、眼鏡やコンタクトレンズで矯正しても視力がでない目のことを言います。
ロービジョンケア具体的には視力や視野が障害されているけれども完全失明しておらず残された視力、視野を使うことによって外界の情報を得ながら日常生活を送る方法のことを意味しています。
涙(なみだ)ドライアイは涙の量が少なかったり、涙の質に変化が起きて眼の表面の潤いが保てなくなった状態です。
眼瞼(まぶた)目のまわりの眼輪筋という筋肉が自分の意志に関係なく痙攣する病気が眼瞼痙攣(がんけんけいれん)です。
オルソケラトロジー…特殊なデザインの高酸素透過性コンタクトレンズ“オルソ・ケーレンズ”を用い、角膜の形状を矯正し、視力を回復させる角膜矯正療法のことです。
マイオピン小児期の近視進行抑制を目的とした点眼治療。
スポーツビジョンスポーツビジョンとはスポーツに重要な視覚機能のことをいい、視覚から得た情報によって場面を判断しそれに対応して体を動かします。
神経内科診療原因のよくわからない視力不良の症例や、頭蓋内の疾患を合併している症例、パーキンソン病、重症筋無力症などの患者様を神経内科の専門医にもコンサルトすることでより正確で高度な診察・治療を行っていきたいと考えています。
 
日帰り白内障手術は、「日帰り手術」をご覧下さい。
なお、このカテゴリー以外の眼の病気については、下記「その他主な眼の病気」をご覧下さい。
 

当院の主な眼科診療



 
あだち眼科での主な眼科診療内容を解説していきます。