日帰り手術

HOME >> 日帰り手術 >> 日帰り硝子体手術

日帰り硝子体手術


1.硝子体とは?

2.当院での硝子体手術

当院の日帰り硝子体手術の対象者としては、糖尿病網膜症などにより硝子体出血された方、黄斑上膜、黄斑円孔などの方に行っています。
症状の程度によっては、入院施設のあるところに紹介する場合もあります。
 
当院での手術は日帰りとなりますが、手術後には通院が必要となります。
 

硝子体出血

 
眼についての病気・基礎知識→その主な眼の病気→⑨硝子体→硝子体出血 にを参照。
眼の中には硝子体というゼリー状の組織が詰まっています。
新生血管が硝子体内に侵入し、出血を起こすことがあります。
手術で出血部位を取り除く作業をします。
 

黄斑上膜

 
視力に大切な黄斑部に膜が張ってしまう病気です。
硝子体を取り除いたのち、黄斑部の膜を剥がす作業をします。
 

黄斑円孔

 
視力に大切な黄斑部に穴があいてしまう病気です。
硝子体を取り除いたのち、穴を塞ぐ作業をします。

日帰り手術

 
当院では、日帰り手術として、日帰り白内障手術、日帰り硝子体手術、日帰り涙小管形成術、硝子体内注射、など行っています。