お知らせ

HOME >> お知らせ >> スタッフ通信 >> vol.23

スタッフ通信 vol.23 「花粉症対策について」


2020/2/1

花粉症の症状の重症化を防ぐためにも、早期の治療開始が望ましく、初期治療が有効な場合が多いです。
早めの受診が望ましいので、ご相談ください。
 

初期療法とは

目や鼻の症状が出る前から、あるいは症状が軽いうちから始め、シーズン終了まで続ける薬物療法です。
開始は、花粉が飛び始める2週間くらい前から開始することがもっとも効果的とされています。
初期治療を始めていると症状発症を遅らせ飛散シーズン中の症状をやわらげることができます。
早めの受診が望ましいです。